タイ一覧

       

【初体験】チェンマイでホットストーンマッサージが受けられるのはここ!

No Massage No Lifeを掲げる山田塾長。日本では2週間に1度タイ古式マッサージを受け、そして本場のタイでは5日連続でマッサージに通った記録を保持しています。そんなマッサージ中毒の塾長がチェンマイでホットストーンマッサージに挑戦! はたして塾長のお気に召したのでしょうか。

       

【チェンマイ】一度食べたらやみつきになる味、SPチキンを紹介します

世界No. 1 の食文化(eigo塾調べ)を誇るタイ。どこに行こうと大抵ご飯はウマいですが、チェンマイを訪れたなら必ず味わってほしい味。それがSPチキン。大食漢ではない塾長もペロリと食べられてしまうウマさ。それがSPチキン。今回セカンドSPをキメた塾長からのリポートです。

       

【悲報】チェンマイのMobikeが終了。レンタサイクルはどうする?

意気揚々と愛するチェンマイに舞い戻ってきた塾長。「今回もチャリで街巡りを楽しむぞ~っ!」しかしそんな彼に、レンタサイクル・Mobikeのサービス終了の事実が突き付けられる。絶望に淵に突き落とされる塾長。しかし心優しきタイの人々は彼を見捨てることはしなかった…。

       

【リピート】チェンマイのRux Thai Guest Houseに宿泊してきました

チェンマイ門から歩いて5分程度、ナイトバザールからもアクセスがよいRux Thai Guest Houseに宿泊をしてきました。今回が3回目のリピート滞在です。コスパがいい、コンビニやランドリー・マッサージが近い、私が好きなトムヤムヌードルのお店が近いことがリピートの理由です。

       

タイ・チェンマイでオーガニック農園のPun Punに行ってきた

ジョン・ジャンダイさんは、タイの北東部 で農業を営む男性です。彼は、家族で食べきれない分の食料は売りに出し、住まいは土の家を(何棟も)自分の手で造り、衣服は友人からもらうという生活をしています。そんな「足る」を知っているジョンさんが営むPun Punにいつか行ってみたいと思っていました。

       

【超格安】200バーツ以下のチェンマイのホテルって大丈夫?

タイ北部のチェンマイで、なんと200バーツ以下で泊れるホテルを見つけてしまいました!実際に3泊4日で滞在してきましたのでレポートします。結論としては、タイのチェンマイにショートステイの方で費用を限りなく節約したい方にオススメです。

       

【2019】タイの物価・1か月の生活費【必要最低限】

THE eigo塾の取材と称してタイに2か月弱滞在していました。日本人も多く住むタイですが、実際の生活費はどんな感じだったのかをお伝えします。タイの通貨はバーツ(B, TB)で、1バーツは約3.47円(2019年3月時点)。